logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  (バーチャルトレーニング) Red Hat OpenShift Installation Lab (UMI28R)


本コースはオンラインで受講するコースです。事前に動作環境の確認が必要です。確認できない場合はお申し込みいただけません。

学習形態 遠隔(ライブ) コースコード UMI28R
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 121,000 円(税込)  110,000円(税別)
期間 2日
コース概要 Red Hat OpenShift Installation Lab (DO322) では、PoC からプロダクションまで、さまざまな環境に OpenShift クラスタをインストールするための基本的なスキルと、基盤となるクラウド、仮想、または物理インフラストラクチャに応じて必要になる場合があるカスタマイズを特定する方法を習得します。この OpenShift Installation Lab を受講する前に、前提条件として Red Hat OpenShift Administration II: Operating a Production Kubernetes Cluster (DO280) (UMI23R) を修了することを強くお勧めします。このコースは、講師の講義をBlueJeansでライブ配信するバーチャルトレーニングです。(BlueJeansクライアントをインストールしなくてもWebブラウザから参加可能です。) 「動作環境」欄に記載の情報をもとに、ご利用予定の環境で受講可能か必ず事前にご確認ください。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.フルスタック自動化と既存インフラストラクチャのどちらのインストール方法を使用するかについて評価できる。
2.ターゲットのデプロイメントシナリオに合わせて、OpenShift のインストール設定をカスタマイズできる。
3.OpenShift のインストールプロセスをモニタリングして、問題を特定し、可能であれば修正できる。
4.インストール直後の OpenShift クラスタの正常性を評価し、ユーザーとアプリケーションをオンボーディングする前に、追加のタスクを実行する必要があるかについて評価できる。
受講対象 ・組織による需要増に対応するための追加クラスタのデプロイメントに関心があるクラスタ管理者。 ・さまざまなワークロードのパフォーマンスおよび信頼性の要件を満たす OpenShift クラスタの計画と設計、これらのインストールのワークブックの作成に関心があるクラスタエンジニア。 ・新しい設定、更新、カスタマイズ、運用手順、インシデントへの対応を検証するテストベッドクラスタのデプロイメントに関心のあるSREエンジニア。
動作環境 このコースは、講師の講義をBlueJeansでライブ配信するバーチャルトレーニングです。(BlueJeansクライアントをインストールしなくてもWebブラウザから参加可能です。)ご利用予定の環境でバーチャルトレーニングが受講できるかどうかは次のリンク先から確認ができますので、お申込み前に必ずご確認ください。・インターネット要件等チェック:https://www.redhat.com/rhtapps/services/compatibility ・オーディオビデオ会議テスト: http://bluejeans.com/111/
前提知識 このコースを受講する前に、OpenShift 4 で Red Hat 認定スペシャリスト - OpenShift Administration - を取得するか、あるいは少なくとも Red Hat OpenShift Administration II: Operating a Production Kubernetes Cluster (DO280) (UMI23R) を受講することを強くお勧めします。クラウドプロバイダーへの、ごく最小限で、すべてデフォルトの OpenShift のフルスタック自動化インストール以外のことを実行するには、OpenShift クラスタオペレーターの知識が必要であるため、「Kubernetes の同等の知識」はここでは該当しません。また、Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) 認定または Red Hat Enterprise Linux システム管理と同等の知識を取得することも強くお勧めします。
注意事項 本コースは、レッドハット株式会社との提携コースのため、提携先で開催します。コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の13営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は15営業日前です。提携企業のコースのため、お申込み受付後に満席となった場合はご受講いただけないことがあります。あらかじめご了承ください。
提携先でのコース名は「Red Hat OpenShift Installation Lab (DO322)」です。
前提知識をご確認いただき、本コースの受講前に必要なスキルの習得をご検討ください。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、学習スタイルや教材の種類によって、お申込み時のコースコードが異なります。コースコードは、以下リンクよりご確認ください。
春の開催日程・会場
秋の開催日程・会場
※新入社員研修で使用する電子教材に関する詳細は、新入社員研修FAQ-電子教材配信サービス(KnowledgeR@ck)でご確認ください。
関連コース <前提コース>(バーチャルトレーニング)OpenShift Administration II
関連コースマップ サーバ-Linux(レッドハット社認定コース)