logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【ToD】Solaris11新機能 (UMO26D)


★コースのお申込み前に、必ず、動作環境をご確認ください★

学習形態 eラーニング コースコード UMO26D
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 446,000円 (税別)   +
期間 90日 標準学習時間 35時間
コース概要 ToDはOracleトレーニング・オンデマンドの略称で、講義動画とクラウド環境での実習を組み合わせたeラーニングです。90日間好きな時に学習でき、実習環境は連続6日間の使用が可能です(実習環境の使用に関しては、オラクル社サイトにて予約が必要です。事前に「動作環境に関する注意事項」をご確認ください)。講師への質問機能も提供しており、集合教育と同等の学習が可能です。お申込み後にオラクル社より注文キーが発行されますので、オラクル社のサイトへアクセスし受講ください。本コースでは、Oracle Solaris 11の新しいパッケージングシステムの仕組み、デフォルトファイルシステムとなるZFSの新機能、ネットワークの仮想化、セキュリティ機能の拡張など、主要機能および使用方法について学習します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.Oracle Solaris 11の新機能および拡張機能の概要を理解する。
2.Oracle Solaris 11オペレーティングシステムのインストールやパッケージの管理方法を理解する。
3.Oracle Solaris 11 上でのOracle Solaris 10 ゾーンの管理を理解する。
4.Oracle Solaris 11 のネットワークの新機能および拡張機能を理解する。
5.Oracle Solaris 11 のストレージやセキュリティの拡張機能を理解する。
受講対象 Oracle Solaris 11 を利用するシステム管理者およびサポート技術者の方。
動作環境 動作環境に関する注意事項(下欄リンク)にてご確認ください。
前提知識 Solaris 10構成のシステムの管理経験をお持ちの方。旧「Solaris 10システム管理IV」(UMV93L/UMV73L)コースを受講もしくは同等程度の知識を有する方。
注意事項 日程変更およびキャンセルは、コース開始日の5営業日前までとなります。 本コースには、受講に必要となる教材や資料などの郵送物はございません。
本コースは、日本オラクル認定コースを当社から提供するもので、コース実施およびメール送信のために受講者の個人情報(氏名、会社名、E-mailアドレス)を日本オラクルおよび米国オラクルに提供します。また、提携先のポリシーにより、日本国内でのみご受講いただけます。
本コースはオラクル社の専用サイト上で学習します。当社ウェブサイトは、コース概要参照およびアンケート提出に限り、ご使用いただけます。なお、当社のアンケート提出により修了となります(オラクル社のアンケートとは異なります)。
オラクル社よりメールにて注文キーが届いてから、90日間受講が可能です。受講には、インターネット接続環境が768kbp以上、1024x768以上の画面の解像度が必要です。その他詳細な動作環境については「動作環境に関する注意事項」をご確認ください。
実習環境は、Secure Global Desktop (SGD) というセキュアなネットワーク接続を使用します。VPN 経由で接続している場合は、接続解除が必要な場合があります。SGDがサポートするO/Sやブラウザ、SGDへの接続可否チェックについては、オラクル社のサイトをご確認ください。
関連コース
関連コースマップ サーバ-UNIX(Solaris)システム導入管理(Oracle社認定コース)
関連情報 動作環境に関する注意事項は、こちらをご確認下さい
開催スケジュール
日程
2019/10/28   2019/11/11   2019/11/18   2019/11/25  
2019/12/09   2019/12/16   2020/01/20   2020/01/27  
2020/02/10   2020/02/17   2020/02/24   2020/03/09  
2020/03/16   2020/03/23   2020/03/30