logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【日経】コンプライアンス確立のための基礎知識:春夏開講 (UNA26B)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 eラーニング コースコード UNA26B
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 19,800 円(税込)  18,000円(税別)
期間 8週 標準学習時間 6時間
コース概要 コンプライアンスとは「消費者など、企業を取り巻く人々の期待に応えること」です。コンプライアンスの重要性、消費者・社会・従業員・株主に対するコンプライアンスについて学習します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.コンプライアンスの意味と体制確立について理解する。
2.消費者の期待に応える「消費者コンプライアンス」について理解する。
3.よりよい職場作りのための「従業員コンプライアンス」について理解する。
4.企業として社会に貢献するための「社会コンプライアンス」について理解する。
5.株主をめぐるコンプライアンスについて理解する。
合格点 60
受講対象 コンプライアンス推進担当者、経営者・管理者、新入社員を始め、すべての人。
動作環境 OS×ブラウザ:Windows10×IE11・Edge・Chrome 必要なソフトウエア:Microsoft Word 音声:なし
関連リンク
前提知識 特に必要ありません。
注意事項 日程変更およびキャンセルは、受講開始日の5営業日前までとなります。本コースには、受講に必要となる副読本や資料などの郵送物はございません。
株式会社日本経済新聞社との提携コースです。
「コンプライアンス確立のための基礎知識」(UNK55B、UNK85B、UNB26B)を受講済みの方は、本コースと内容が重複しますので受講の必要はありません。
関連コース
関連コースマップ マネジメント-企業の社会的責任(CSR)
関連情報 10月~3月の開催はコースコードが異なります。詳細は 「【日経】コンプライアンス確立のための基礎知識:秋冬開講」(UNB26B)コースを参照ください。
開催スケジュール
日程
2022/04/13   2022/05/11   2022/06/08   2022/07/13  
2022/08/10   2022/09/07  
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【ライブ】SAFe Scrum Master (ULC67R)
    チーム開発におけるスクラムの基礎やスクラムマスターの役割や責任を学習します。また、大規模なアジャイル開発におけるスクラムマスターの立ち振る舞いや他チームとの協調について探究します。【受講特典】・2日間の研修受講後、SAFe認定資格であるCertified SAFe Scrum Master(CSSM)を...