logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  サイバー攻撃の実例と対策 (UQS07L)


学習形態 講習会(集合教育) コースコード UQS07L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 38,000円 (税別)   +
期間 1日
コース概要 サイバー攻撃の手口を知ることは、サイバー攻撃対策やセキュリティインシデント対応で不可欠です。従来の手口から最新の手口まで、サイバー攻撃の手口を講義と実習で学習します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.サイバー攻撃の脅威を理解する。
2.従来型のサイバー攻撃の手口を理解する。
3.高度標的型攻撃の手口を理解する。
4.最新のサイバー攻撃のシナリオを理解する。
受講対象 情報システムおよび情報セキュリティに関して、設計や運用を担当される方。サイバー攻撃およびサイバー犯罪の対応を行う方。
前提知識 WindowsおよびLinuxに関する基本的な知識を有すること。ICTおよび情報セキュリティに関する基礎知識を有すること。
注意事項 本コースは、株式会社富士通九州システムズとの提携コースです。
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の10営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は12営業日前です。
コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース
関連情報 講習会会場は九州ラーニングセンターです。詳細はこちらをご覧ください
九州開催コースマップはこちらをご覧ください