logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

情報セキュリティ対策実践シリーズ 実機で学ぶクラウドセキュリティ(K5)編 (USA63L)


本コースは2019年4月よりコース情報の一部改定のため、コースコード、コース名が変更になります。変更後の詳細は関連情報よりご参照ください。

学習形態 講習会(集合教育) コースコード USA63L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 44,000円 (税別)   +
期間 1日
コース概要 クラウドサービスの普及に伴いクラウド特有の情報セキュリティリスクへの対応が必要となってきています。本研修では、FUJITSU Cloud Service K5利用時におけるセキュリティの考慮点について学習します。FUJITSU Cloud Service K5を安全に利活用するための環境構築方法について、講義と演習を通して学習します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.クラウドサービス導入における情報セキュリティの必要性を説明できる
2.FUJITSU Cloud Service K5のサービス概要を説明できる
3.FUJITSU Cloud Service K5におけるセキュリティを考慮したシステム設計パターンを説明できる
受講対象 クラウドを使用してシステム構築、運用を担当する方
前提知識 FUJITSU Cloud Service K5入門(IaaS編) I(UBS82L)コースを修了、または、FUJITSU Cloud Service K5のIaaSサービスにおける、仮想サーバの構築の流れを理解していること。
注意事項 FUJITSU Cloud Service K5は、FUJITSU Cloud Service for OSSへ名称変更となりました。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース <前提コース>FUJITSU Cloud Service K5入門(IaaS編)I
関連コースマップ 情報セキュリティ-情報セキュリティ対策
ITSSレベル 【ITスペシャリスト育成】  -  テクノロジ  [2]
関連情報 本コースは2019年4月よりコース情報の一部改定のため、コースコード、コース名が変更になります。詳細は「情報セキュリティ対策実践シリーズ FJCS for OSS セキュリティ編」(USA69L)コースをご参照ください。