logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【サテライト】システム運用におけるSLAの作成 (USL11L)


演習ではサンプルSLAを使って実践的に分析や改善提案を行うため、業務に戻って活用できる力がつく、と好評です!

学習形態 講習会(集合教育) コースコード USL11L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 43,200円 (税別)   +
期間 1日
コース概要 タイムリーに適切なITサービスを提供するために、限られたコストや要員の中でサービス全体をどう運営するか、ユーザーとサービス提供側の間で明確にしておく必要があります。その際に活用できるのがサービスレベルの合意書であるSLAです。本コースでは、SLAの必要性や期待される効果を理解した上で、導入から運用開始までの流れとそのポイント、運用後の見直し方法について学習します。演習では、作成中のSLAについて改善検討したり、SLAに従って測定されたシステム運用管理状況の分析を行うなど、より実践的にSLAについて検討します。〔PDU:Technical 6.5〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.SLAを導入する目的や期待される効果を説明できる。
2.SLA導入から運用開始までの流れ、SLAの記載項目、導入・作成ポイントを説明できる。
3.要件の変更などに応じてSLAを改定できる。
受講対象 SLAを活用し、顧客と同じ目標に向かって連携したいITサービス運用担当者、マネージャー
前提知識 「基礎から学ぶシステム運用管理・実践トレーニング~障害管理、変更管理、SLAなど~」(UUW67L)コースを修了、またはシステム運用の知識、経験があること。
注意事項 本コースは、「システム運用におけるSLAの作成」(UAW52L)コースのサテライト版です。
本コースは演習があります。サテライト会場でのコース内容ならびに演習に関する質問対応などは、品川ラーニングセンターの講師が行います。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース <前提コース>基礎から学ぶシステム運用管理・実践トレーニング~障害管理、変更管理、SLAなど~
関連コースマップ ITサービスマネジメント-主な運用活動の実践スキル
関連情報 サテライト講習会とは、品川ラーニングセンター(配信側:東京)にいる講師の講義を、インターネットを経由し、サテライト会場(受信側)のパソコンで受講いただく形態の研修です。詳しくはコチラ
PDU申請時のProvider No.、Activity No.は、「PDU対象コース【講習会】一覧」をご参照ください。
サテライト有の集合コースへのリンク用
開催スケジュール
開催地 日程 時間
名古屋 2020/01/29   09:30 - 17:30
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。