logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

PMBOK(R)ガイド 第6版 IT調達マネジメント (USR44B)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 eラーニング コースコード USR44B
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 30,800 円(税込)  28,000円(税別)
期間 13週 標準学習時間 15時間
コース概要 本コースでは、中規模以上あるいは複雑度の高いプロジェクトにおいて、プロジェクトニーズに応じた製品や役務の適切な調達に関する知識を習得します。本コースでは、調達マネジメントの基本プロセスと調達マネジメントツールと技法に関する知識を網羅しており、計画策定、引合の実施、発注先との契約、進捗管理、変更管理、契約完了までの一連の調達マネジメントプロセスを学習します。〔PDU:Technical 8、Strategic 7〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.プロジェクトにおける適切な調達マネジメントを実施し、プロジェクト責任者として、プロジェクトを成功裡に実施できる。
2.プロジェクトの特性、規模や状況に応じ、最適なツールや手法を駆使した調達マネジメントができる。
3.プロジェクトにおける調達マネジメントの流れとスケジュール、コスト等との関連性が理解できる。
合格点 80
受講対象 プロジェクトリーダーとして、中規模以上または複雑なプロジェクトに関する複数回のプロジェクトマネジメントの経験、実績を有する方。
動作環境 OS×ブラウザ:Windows8.1・10×IE11・Edge 音声:あり
関連リンク
前提知識 「PMBOK(R)ガイド 第6版ITプロジェクトマネジメント実践(USR40B)」を終了していること。または、同等の知識・経験を有していること。
注意事項 日程変更およびキャンセルは、受講開始日の5営業日前までとなります。本コースには、受講に必要となる副読本や資料などの郵送物はございません。
株式会社ソフト・リサーチ・センターとの提携コースです。
旧「PMBOK(R)ガイド 第5版 IT調達マネジメント」(USR36B)コースを受講済みの方は、内容が重複するため、受講の必要はありません。
関連コース <前提コース>PMBOK(R)ガイド 第6版 ITプロジェクトマネジメント 実践
関連コースマップ プロジェクトマネジメント-プロジェクトマネジメントの実践的なスキル(技法、事例で学ぶ)
関連情報 PDU申請時のProvider No.、Activity No.は、「PDU対象コース【eラーニング】一覧」をご参照ください。
開催スケジュール
日程
2021/07/26   2021/08/02   2021/08/09   2021/08/16  
2021/08/23   2021/08/30   2021/09/06   2021/09/13  
2021/09/20   2021/09/27   2021/10/11   2021/10/18  
2021/10/25   2021/11/01   2021/11/08   2021/11/15  
2021/11/22   2021/11/29   2021/12/06   2021/12/13  
2021/12/20   2021/12/27   2022/01/10   2022/01/17  
2022/01/24   2022/02/07   2022/02/14   2022/02/21  
2022/02/28   2022/03/07   2022/03/14   2022/03/21  
2022/03/28  
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • PMBOK(R)ガイド 第6版 ITファイナンシャルマネジメント (USR43B)
    本コースでは、中規模以上あるいは複雑度の高いプロジェクトにおいて、予算、資源、コストの観点でプロジェクトを成功裡に実施するために必要となる財務管理プロセスと技法に関する知識を習得します。プロジェクトマネジメントに当たっての財務上の責任、各種財務用語、財務データの導き...
  • 業務分析/設計のための要件定義技法(eラーニング) (UEL33B)
    ユーザー企業の経営に役立つシステムを構築するために、システム開発の上流工程で全体最適な業務要件、システム要件を導き出す技法を学習します。事例業務を基に、現状業務が抱えている問題点の把握、個別問題点を整理して根本原因の特定、解決目的の検討、対策手段の検討といった業務要...
  • 【e講義動画】業務分析・設計のための業務モデリング 実践トレーニング (UVC73D)
    複雑化するシステム要求を明確にするために業務の見える化手法を学習します。手法では、業務の流れを見える化するプロセスモデル、業務で扱う情報の関連を見える化するデータモデルを扱います。事例業務を基に上記2つのモデルの観点で現状業務の見える化、現状業務の問題抽出と解決策検討...