logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

要求定義のためのヒアリングと仕様化テクニック(Vol.1) (USR45B)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 eラーニング コースコード USR45B
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 19,800 円(税込)  18,000円(税別)
期間 8週 標準学習時間 4時間
コース概要 ソフトウェア開発の混乱は、不適切な要件定義に起因しています。エンジニアリングとしての要件定義技術の向上を先行させ、要件定義のためのヒアリングとその結果を適切に表現する技術により改善していきます。〔PDU:Strategic 4〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.要件を定義することの重要性を理解する。
2.要求定義におけるヒアリング・テクニックを理解する。
合格点 80
受講対象 要求定義のスキルアップのために、ヒアリングテクニックとその仕様化の習得を目指すSEの方。
動作環境 OS×ブラウザ:Windows8.1・10×IE11・Edge 音声:あり
関連リンク
前提知識 要求分析・要求定義の基礎を理解していること。
注意事項 本コースには、受講に必要となる副読本や資料などの郵送物はございません。
株式会社ソフト・リサーチ・センターとの提携コースです。
旧「要求定義のためのヒアリングと仕様化テクニック Vol.1」(USR08B)コースを受講済みの方は、内容が重複するため、受講の必要はありません。
本コースは2005年に製作されたものです。
関連コース
関連コースマップ 上流/テスト(システムエンジニア)-要求分析/要件定義
関連情報 PDU申請時のProvider No.、Activity No.は、「PDU対象コース【eラーニング】一覧」をご参照ください。
開催スケジュール
日程
2021/07/26   2021/08/02   2021/08/09   2021/08/16  
2021/08/23   2021/08/30   2021/09/06   2021/09/13  
2021/09/20   2021/09/27   2021/10/04   2021/10/11  
2021/10/18   2021/10/25   2021/11/01   2021/11/15  
2021/11/22   2021/11/29   2021/12/06   2021/12/13  
2021/12/20   2021/12/27   2022/01/10   2022/01/17  
2022/01/24   2022/01/31   2022/02/07   2022/02/14  
2022/02/21   2022/02/28   2022/03/14   2022/03/21  
2022/03/28  
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 要求定義のためのヒアリングと仕様化テクニック(Vol.2) (USR46B)
    最近のソフトウェア開発の混乱には目に余るものがあります。そこでは、問題の多くが、不適切な要件定義に起因していることも問われています。この問題の解決のために、多くの組織では要件管理などの「管理プロセスの改善」に取り組んだものの、エンジニアリングとしての要件定義技術の向上...
  • デザイン思考 (UBV12D)
    本講座では、何か新しいことに取り組むための方法論としてデザイン思考を学び、基礎的なプロセスを理解すると同時に、実例を通して実践するイメージを持つことを目指します。デザイン思考は、デザイナーなど一部の職種や、商品開発・新規事業等の業務だけに必要なものではなく、自分なり...
  • 【日経】実践ロジカルシンキング入門:秋冬開講 (UNB06B)
    ロジカルシンキングを、情報の発想(フレームワーク発想)、情報の整理(ツリー構図・マトリックス構図・プロセス構図)、情報の発信(ストラクチャー志向)の3つに分け、実際のビジネスシーンを想定した課題を通じて、基本を学習します。