logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【集合】Access入門 (UUA92L)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UUA92L
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 67,100 円(税込)  61,000円(税別)
期間 2日
コース概要 主キー、リレーションシップ、参照整合性など、リレーショナルデータベースの基本となる概念や、テーブル、クエリ、フォーム、マクロなどアプリケーション作成で使用されるAccessのオブジェクトの使用方法までを実習を通じて学習します。実習では、従業員検索や商品検索をテーマに、アプリケーションの作成を行います。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.Accessの特徴を理解する。
2.Accessを利用してアプリケーションを開発するために必要となる考え方を理解する。
3.アプリケーションの構築(テーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロの作成)を行う。
受講対象 初めてAccessを利用する方。
関連リンク
お客様の声
前提知識 Windowsの基本操作(ファイルやフォルダを開く、キーボード入力など)ができること。
注意事項 実習は、Microsoft Access 2016、2019、Microsoft Access for Office 365(バージョン2002)で動作検証済みです。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、学習スタイルや教材の種類によって、お申込み時のコースコードが異なります。コースコードは、以下リンクよりご確認ください。
春の開催日程・会場
秋の開催日程・会場
※新入社員研修で使用する電子教材に関する詳細は、新入社員研修FAQ-電子教材配信サービス(KnowledgeR@ck)でご確認ください。
関連コース <上位コース>【集合】AccessユーザーのためのVBAプログラミング基礎
関連コースマップ Microsoft Office-Access
関連情報 本コースのサテライトコース
本コースのe講義動画
本コースのライブコース
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2023/03/09   2023/05/10   2023/06/22  
2023/07/05   2023/08/09  
09:30 - 17:00
名古屋 2023/02/28   2023/05/08   2023/06/15  
2023/09/07  
09:30 - 17:00
大阪 2023/04/27   2023/08/28   09:30 - 17:00
ご受講前には「申込み手続き完了」メールでも開始・終了時間をお知らせします。
集合研修の場合は開始日の1週間前までに、「講習会受講票」のご案内をしますので、
そちらで会場をご確認ください。(新入社員研修を除く)
また、開催中は時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【集合】AccessユーザーのためのVBAプログラミング基礎 (UUF01L)
    Access VBAを業務で活用するためのプログラミング要素(コレクション、オブジェクト、イベント、プロパティ、メソッド)や基本文法(プロシージャ、変数、スコープ、制御文など)について、講義および実習を通して学習します。実習では、Access VBAの特徴であるイベント駆動型プログラミ...
  • 【集合】基礎から学ぶ!Excel VBAによる業務の自動化 (UUL80L)
    ExcelVBAを業務で活用するためのプログラミング要素(コレクション、オブジェクト、イベント、プロパティ、メソッド)や基本文法について、ExcelVBAの特徴であるイベント駆動型プログラミングを活用し、講義および実習を通して学習します。
  • 【集合】業務に役立つ!Excelによるデータ活用(集計編) (UUF06L)
    既存のデータを活用できずに悩んでいる方はいませんか?本コースでは、データの並び替えや、複雑な計算や操作をすることなくドラッグ&ドロップするだけでデータ集計できるピボットテーブル、さまざまな視点で集計を行うために、元データを適切に加工するための関数など、既存の大量デー...