logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  【ライブ】VMware NSX-T Data Center:Install, Configure, Manage[v3.2] (UVM07R)


本コースはオンラインで受講するコースです。Zoomの利用や実習環境への接続確認ができない場合は、お申し込みいただけません。詳細は、下記の注意事項をご確認ください。

学習形態 遠隔(ライブ) コースコード UVM07R
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 561,000 円(税込)  510,000円(税別)
期間 5日
コース概要 VMware NSX-T Datacenter環境のインストール、構成、および管理に関する包括的なトレーニングを提供します。このコースでは、インフラストラクチャ全体、論理スイッチング、論理ルーティング、ネットワーキングおよびセキュリティサービス、ファイアウォール、高度な脅威防止など、NSX-Tデータセンター3.2リリースで提供される主要なNSX-Tデータセンターの機能について説明します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.NSX-Tデータセンターのアーキテクチャと主要コンポーネントの理解。NSX管理クラスターとVMwareを導入するNSX Edge ノードの理解。
2.NSX-Tデータセンターネットワーキングに参加するためのVMware ESXiおよびKVMホストの準備方法の理解
3.レイヤー2転送用のセグメントの作成と構成?論理ルーティング用のTier-0およびTier-1ゲートウェイの作成と構成方法の理解
4.ゲートウェイファイアウォールポリシーと高度な脅威防止機能の構成、NSXエッジノードでのネットワークサービスの構成の理解
5.VMware Identity ManagerとLDAPを使用して、ユーザーとアクセスの管理やフェデレーションのユースケース、重要性、およびアーキテクチャの理解
受講対象 NSX-T(ネットワーク仮想化)技術のインストールから構成、管理までを一通り理解したい方
動作環境 https://zoom.us/download から「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードし、インストールすることを推奨します。クライアントは必ず最新バージョンのものをご使用ください。Zoomの接続は、https://zoom.us/test からテストミーティングに参加することで確認できます。Zoomクライアントがインストールできない場合は、Google ChromeからZoomミーティングに参加していただくことで、Zoomの機能を利用することが可能です。実習環境へは、ブラウザで接続します。ご使用のネットワークで、https://vdcinfo.vmeduc.com/ の「VLP Connectivity Testing Guide」の動作確認を実施してください。
前提知識 TCP / IPサービスとプロトコルに関する十分な理解、スイッチングおよびルーティングテクノロジー(L2-L3)およびL2-L7ファイアウォールを含むコンピューターネットワークの知識と実務経験、VMware vSphere環境に関する知識と実務経験、KubernetesまたはvSphereとVMware Tanzu環境
注意事項 本コースはVMware認定コースであり、ヴイエムウェア株式会社および米国VMware Incに個人情報を提供します。提供した個人情報はマーケティングにも使用されます。VMware Incの受講者情報管理システム「myLearn」でのアカウントの事前作成と、個人情報の登録が必要です。
本コースはオンラインで受講するコースです。事前にZoom(講義配信用)やeBook(電子書籍)の使用準備と、https://vdcinfo.vmeduc.com/ の「VLP Connectivity Testing Guide v2.0」の動作確認が必要です。
各種事前の準備については、 https://www.knowledgewing.com/kw/user2/vmware01.html をご確認ください。
本コースはヴイエムウェア株式会社の提携先主催での開催コースとなります。コース開催に関するご連絡はヴイエムウェア株式会社と提携先よりご連絡いたします。
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の12営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は14営業日前です
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、学習スタイルや教材の種類によって、お申込み時のコースコードが異なります。コースコードは、以下リンクよりご確認ください。
春の開催日程・会場
秋の開催日程・会場
※新入社員研修で使用する電子教材に関する詳細は、新入社員研修FAQ-電子教材配信サービス(KnowledgeR@ck)でご確認ください。
関連コース
関連コースマップ システム基盤共通-仮想化