logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

エグゼクティブ・エデュケーション・シリーズ「戦略提案」コース (UZE40L)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UZE40L
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 143,000 円(税込)  130,000円(税別)
期間 2日
コース概要 企業の経営・事業の問題提起を行い、いかにして閉塞状況を打破して成長軌道に乗せていくかを戦略提案として表現するノウハウを学習します。経営の現状を構造図で表現し、そこから今後の成長戦略を描いて現実的な方策を立案するプロセスを、具体的事例に基づいた演習・発表・講評をとおして実践的に学習し、最終的には各自の自社課題に対する戦略提案書を作成します。〔PDU:Strategic 14〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.経営・事業における問題発見および課題の抽出をする。
2.経営・事業の現状を図(構造図)として表現する。
3.戦略の妥当性の検証により、ブラッシュアップされた現実的な方策の立案をする。
受講対象 自社の変革をミッションとする企画担当の方。またはソリューション提案をする営業担当の方(30~40代のミドルマネジメント層を目安として想定)。
関連リンク
前提知識 特に必要ありません。
注意事項 開始日と翌週の同じ曜日の2日間の開催です。若干の宿題の提示がありますので、ご了承ください。
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の10営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は12営業日前です。
本コースは、エディフィストラーニング株式会社との提携コースのため、提携先で開催します。提携先のコース名は、「戦略提案コース(Pコース)」です。
コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。
東京地区八重洲会場開催のコースのみ、昼食用食券の提供があります。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース
関連コースマップ マネジメント-戦略企画
関連情報 PDU申請時のProvider No.、Activity No.は、「PDU対象コース【講習会】一覧」をご参照ください。
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2022/01/13   09:30 - 17:30
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • コンサルティングスキル養成~分析力/仮説思考編~ (UAU55L)
    近年、複雑化するビジネス環境において、ソリューションビジネスを創出するためには、コンサルティングスキルの活用がますます重要となっています。コンサルティングの基本となるフレームワークと分析力について基礎的なツールの活用から応用まで、その活用方法について学習します。また...
  • ざっくり分かるファイナンス (UBV09D)
    会計上の利益よりもキャッシュが重要視されるようになった今、ファイナンスの重要性はますます高まっているといっても過言ではありません。ファイナンスとは、ひと言でいうと、「企業価値の最大化」をはかるための意思決定に役立つ「ツール(道具)」だと言えるでしょう。その意思決定に...
  • ベーシック・コーチング ~相手の主体性とヤル気を引き出すコツ~ (UZE20L)
    コーチングの基本スキルである、共感・傾聴・質問・フィードバックを、講義と演習を通して学習します。これにより、社内の関係者や顧客、取引先との交流をより効果的なものに変え、業績の向上を図ることをねらいとしています。さらにコミュニケーションチェックリストを利用することによ...