logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

【ライブ】IT経営ストラテジ(変革認識コース) (UZS13R)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 遠隔(ライブ) コースコード UZS13R
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 88,000 円(税込)  80,000円(税別)
期間 2日
コース概要 このコースでは、IT経営ストラテジ経営戦略コース、同IT戦略コースを補完し、これらの上流となる変革認識および、ITコーディネータプロセスガイドラインを学ぶことを通じて、ITコーディネータケース研修に相当する知識をトータルで身につけます。本コースは、IT経営推進プロセスガイドライン Ver.3.1に準拠した、ITコーディネータ協会のIT経営体感ケース研修の認定コースであり、ITコーディネータ資格取得を目指す人にとっての推奨研修です。〔PDU:Strategic 16〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.経営に必要な変革の必要性および、組織の変革ニーズを整理し、コンセンサスとコミットメントを得る。
2.ITコーディネータプロセスガイドラインの概要を把握し、自らの変革プロジェクトに適用できるようになる。
受講対象 IT提案に経営者視点を加味したい方、IT戦略の前工程を学びたい方、経営企画業務に携わる方、経営改革または業務改革を提案する方
前提知識 IT経営ストラテジ、経営戦略およびIT戦略について概要を理解していること。IT経営ストラテジ(経営戦略コース)(UZS14R)およびIT経営ストラテジ(IT戦略コース)(UZS15R)を修了していることが望ましい。
注意事項 本コースは株式会社パーソル総合研究所との提携コースのため、提携先が主催します。
本コースは、ITコーディネータ協会が認定する「IT経営体感ケース研修」3コースのうちの1つです。IT経営体感ケース研修修了のためには、3コース修了後、別途「ケース研修認定eラーニングコース(UZS02D)」を受講していただく必要がございます。
コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。本コースでは、ビデオ会議ツール Zoomを使用します。
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の10営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は12営業日前です。
本コースは「IT経営ストラテジ(変革認識コース)」(UZS61L)のオンライン(ライブ配信)として提供するものです。該当コースを受講済みの方は、内容が重複しますのでご了承ください。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース <前提コース>【ライブ】IT経営ストラテジ(経営戦略コース)
<前提コース>【ライブ】IT経営ストラテジ(IT戦略コース)
<上位コース>【eラーニング】ケース研修認定eラーニングコース
関連コースマップ 上流/テスト(情報システム部門)-情報戦略立案
関連情報 PDUを申請する人は、修了証を大切に保管するようにしてください。「PDU対象コース【講習会】一覧」の「提供元」欄が”他社提携コース”の研修は、提携先にてPDU付きの修了証を発行します。
開催スケジュール
日程 時間
2022/09/26   09:30 - 18:00
ご受講前には「申込み手続き完了」メールでも開始・終了時間をお知らせします。
集合研修の場合は開始日の1週間前までに、「講習会受講票」のご案内をしますので、
そちらで会場をご確認ください。(新入社員研修を除く)
また、開催中は時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【ライブ】IT経営ストラテジ(IT戦略コース) (UZS15R)
    IT経営推進のマネジメントプロセスとして、IT経営実現領域の「IT戦略プロセス」および「IT利活用プロセス」 を中心に学習します。本研修では企業ケース事例を用いながら、IT経営実現領域のITサービスやIT利活用のための戦略を立て、実行を評価する「IT戦略プロセス」と、具体的なIT利活用実...
  • 【集合】カスタマージャーニーマップによる価値提案の描き方 (UAM02L)
    新しいビジネスを創出していくためには、観察によってユーザーの思考・行動を理解し、新しい価値提案に繋げるアプローチが求められます。本コースでは、ユーザーが製品やサービスを利用する一連の体験を「カスタマージャーニーマップ」によって可視化し、ユーザーの思考・行動を分析する...
  • 【集合】認定アドミニストレーター試験ポイントスタディ (UBC56L)
    認定アドミニストレーター試験に備えてポイントを学習するコースです。Salesforce 管理Iで学習した機能を復習して試験に必要な知識を確認し、さらにコースに含まれていない出題範囲のトピックについて知識を補います。サンプル問題を解くことで自分の理解度を把握し、学習のポイントを確...