logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  【ライブ】仕様書インスペクション (UZS20R)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 遠隔(ライブ) コースコード UZS20R
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 46,200 円(税込)  42,000円(税別)
期間 1日
コース概要 SHIFTの仕様書インスペクションサービスは、下流工程のテストで得たバグの発生原因を活した独自手法で、設計仕様書の抜け漏れを未然に防ぐことができます。この仕様書インスペクション講座では、まずインスペクションの目的とその効果を理解した上で、その計画の立て方を学びます。その上で、SHIFT独自手法であるテスタビリティーの観点をインスペクション技法に適用した方法論を、演習の実技を通して学びます。最後に手法の活用方法についてのディスカッションを行い、現場で実践できるスキルとして身に付けることができます。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.設計上流工程で活用できるインスペクション技法の会得
受講対象 システム開発者もしくはプログラマで上流設計を担当している方
動作環境 Zoomを利用します。快適なご受講のため、下記の推奨環境をご用意ください。 システム要件 : インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可) マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります) OS : Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、Mac OS X (10.7以降) ブラウザ : Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降 ※Zoomのアプリケーションインストールを前提とした場合の推奨環境です。 CPU : デュアルコア2Ghz以上 メモリ : 4GB以上 ディスプレイ : サブディスプレイをご用意いただくことを推奨いたします。
前提知識 特に必要ありません。
注意事項 本コースは株式会社SHIFTとの提携コースです。コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。
本コースはオンライン(ライブ配信)開催です。ご自宅やサテライトオフィスでご受講いただくコースです。本コースの教材は株式会社SHIFTから送付させていただきます。
提携先のコース名称は「仕様書インスペクション ~上流品質を高め手戻りを防ぐドキュメントレビュー技法~」です。
お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の7営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は9営業日前です。
「仕様書インスペクション実践編」(UAU73L) 、「仕様書インスペクション ~上流品質を高め手戻りを防ぐドキュメントレビュー技法~」(UZS41L、UZS51L)、「仕様書インスペクション オンライン」(UZS04R)コースを受講済みの方は、内容が重複するため受講の必要はありません。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース
関連コースマップ 上流/テスト(情報システム部門)-レビュー/テスト技術
開催スケジュール
日程 時間
2021/12/23   2022/01/14   2022/02/02   2022/03/03  
2022/03/22  
10:00 - 17:00
ご受講前に「講習会受講票」で開始・終了時間、集合研修の場合は、併せて会場(教室番号)を必ずご確認ください。なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
※「講習会受講票」については、開始日の1週間前までにご案内いたします。(新入社員研修を除く)
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【ライブ】テスト設計(シナリオテスト) (UZS19R)
    シナリオテストをどう設計するか? 待望の「シナリオテストの設計ノウハウ」を公開します。要求定義で活用するユースケース図等のモデリング手法を用いながら、シナリオテストケースに落とし込むまでの具体的な方法論を、演習を交えて身に着けることができます。設計する担当者によって作...