logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

プロジェクトマネジメント技法の実践 ~コスト管理編~(eL) (UAP14B)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 eラーニング コースコード UAP14B
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 19,800 円(税込)  18,000円(税別)
期間 8週 標準学習時間 7時間
コース概要 コスト管理は、コスト管理計画の作成、コスト見積り、予算設定、コスト実績把握、コスト・コントロールなどのプロセスで構成されます。本コースでは、各プロセスで行うべき活動を学習した上で、演習で疑似体験し、コスト管理の実践的な手法を習得します。〔PDU:Technical 7〕
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.プロジェクトマネジメントにおけるコスト管理の位置づけを理解する。
2.計画段階におけるコスト管理プロセスを理解する。
3.監視・コントロール段階におけるコスト管理プロセスを理解する。
4.演習を通じて、コスト管理の実践的な手法を習得する。
受講対象 プロジェクトマネージャー。またはこれからプロジェクトマネージャーとして、プロジェクトマネジメントを行う方。
動作環境 OS×ブラウザ:Windows8.1・10×IE11・Edge、必要なソフトウエア:Adobe Acrobat Reader DC、Microsoft Excel 2013以降、音声:なし
関連リンク
前提知識 情報システム開発プロジェクトに参画した経験があること。
注意事項 本コースは「プロジェクトマネジメント技法の実践 ~コスト管理編~」(UAP87L)をeラーニングとして提供するものです。該当コースをご受講済の方は、内容が重複いたしますのでご了承ください。
本コースには、受講に必要となる副読本や資料などの郵送物はございません。
関連コース
関連コースマップ プロジェクトマネジメント-プロジェクトマネジメントの実践的なスキル(技法、事例で学ぶ)
ITSSレベル 【プロジェクトマネジメント育成】  -  プロジェクトマネジメント  [3]
関連情報 PDU申請時のProvider No.、Activity No.は、「PDU対象コース【eラーニング】一覧」をご参照ください。
開催スケジュール
日程
2021/07/26   2021/08/02   2021/08/09   2021/08/16  
2021/08/23   2021/08/30   2021/09/06   2021/09/13  
2021/09/20   2021/09/27   2021/10/04   2021/10/11  
2021/10/18   2021/10/25   2021/11/01   2021/11/15  
2021/11/22   2021/11/29   2021/12/06   2021/12/13  
2021/12/20   2021/12/27   2022/01/10   2022/01/17  
2022/01/24   2022/01/31   2022/02/07   2022/02/14  
2022/02/21   2022/02/28   2022/03/14   2022/03/21  
2022/03/28  
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • 【ライブ】システム設計 実践トレーニング (ULD55R)
    システム設計の作業やその考え方を演習を通して修得するコースです。演習では、機能とデータの両面での考え方、ポイントの理解を目的に、事例企業の業務を題材とした画面レイアウトのレビュー、論理データモデルの修正などを行います。演習はグループ形式で行います。参加者同士の意見を...
  • 【e講義動画】運用視点でのシステム開発プロジェクトの勘所~運用は上流工程から~ (UHD20D)
    運用フェーズは、システム完成後に始まるものではありません。システム開発の上流工程から顧客要件を理解し、完成後の利用を意識して、管理や作業が行われるものです。本コースでは、システム開発プロジェクトの各工程で行うべき、運用フェーズに関わる管理項目と作業におけるポイントを...
  • 会社を見る眼トレーニング (UBT08D)
    今更聞けない財務の基本から儲けの仕組みまでを一気通貫して体得し、「会社や事業の本質を見抜く」チカラを体得します。ビジネスパーソンがパフォーマンスを高めるために必要な視点である「数字」と「仕組み」の2つを複眼的に理解することで、会社の本質を見抜くチカラをつけることができ...