logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

jQueryによるWebアプリケーション開発 (UJS40L)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UJS40L
レベル 入門・基礎
開催言語 日本語  
受講料 79,200 円(税込)  72,000円(税別)
期間 2日
コース概要 jQueryによるHTMLの操作やイベントリスナーの設定方法を学習し、対話型Webアプリケーション(ユーザーの操作に応じて動的にページの一部を書き換えて処理を進めていくWebアプリケーション)を作成します。また、Ajaxの手法を用いた非同期通信を学習し、ユーザーの操作と並行して処理を行い、ユーザーの待機時間を減らせるWebアプリケーションを作成します。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.jQueryの概要を説明できる。
2.jQueryを使用した画面操作を実現できる。
3.jQueryを使用したイベント処理を実現できる。
4.Ajaxを用いた非同期通信を実現できる。
受講対象 jQueryを使用したWebアプリケーションを作成する方。
関連リンク
お客様の声
前提知識 「JavaScriptプログラミング基礎」(UJS36L)および「HTMLとCSSによるホームページ作成」(UJS29L)コースを受講済み、または同程度の知識(JavaScript および HTML を使用したWebページ作成)があること。
注意事項 旧「AjaxによるWebアプリケーション開発」(UHE26L)コースを受講済みの方は、内容が一部重複しています。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。※新入社員研修は、紙教材コースと電子教材コースとでコースコードが異なりますので、ご確認ください( 「新入社員研修電子教材/紙教材コース一覧」 )。
関連コース <前提コース>JavaScriptプログラミング基礎
<前提コース>HTMLとCSSによるホームページ作成
関連コースマップ Webコンテンツ開発技術-JavaScript
ITSSレベル 【アプリケーションスペシャリスト育成】  -  テクノロジ  [2]
関連情報 本コースのサテライトコース
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2021/08/18   2021/11/08   2022/01/31  
09:30 - 17:00
名古屋 2021/09/16   2022/03/03   09:30 - 17:00
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • Web技術者のためのREST API開発(JS編)~構築から利用まで~ (UJS59L)
    JavaScriptとNode.js、expressを使用したREST APIの実装方法および、jQueryを使用したREST APIとの連携方法を、説明と実習を通して学習します。REST APIの構築と利用をとおし、Web技術者も、サーバサイドの実装方法について理解を深められます。実習では、Node.jsを使用したWebサーバの起...
  • 技術文書をもっとわかりやすく書く~誤解されない文書を書くためのテクニック~ (UAF30L)
    仕様書、要件定義書などの技術文書は、仕様、要件などが正しく書かれていれば問題なく相手に伝わると考えがちです。しかし、技術的内容が正しくても、文そのものがわかりにくいために、誤解を生んだり、問い合わせが発生したりすることがあります。本コースでは、技術文書をわかりやすく...
  • Python入門 (UJS60L)
    Pythonを使用するにあたり必要な基本文法(変数、配列、演算子、制御文など)について学習します。Pythonのライブラリを使用する方法についても、講義および実習をとおして学習します。講義では例題プログラムを用いて説明を行い、実習では実際にプログラムを作成して理解を深めます。