logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

TOEIC(R) L&R TEST対策750点コース FOR BIZ (UTA13B)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 eラーニング コースコード UTA13B
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 35,999 円(税込)  32,727円(税別)
期間 16週 標準学習時間 29時間
コース概要 資格の学校TACならではのスコアアップに特化した攻略法、解法テクニック、頻出論点に絞った中上級コース。動画講義を視聴しながら学習を進めます。目標スコアを突破するためにTACでは各PARTに目標正答数を設定しています。着実に750点を突破するために解くべき問題と時間をかけない問題の取捨選択を徹底し、無理無駄を省き効率的に目標スコアの突破を目指します。問題集を3冊使用し、時間内に全問題解ききるようタイムマネジメントを意識した講義です。講義動画出演の講師によるメールによる質問回答も受け付けます。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.TOEIC(R) L&R TESTで700-800点取得できる。
2.ある程度適切な会話のコミュニケーションが図れる。
受講対象 TOEIC(R) L&R TEST650点以上の方
動作環境 【提携先の動作環境】詳細は[関連情報]をご確認ください。
前提知識 TOEIC(R) L&R TEST受験経験複数回あり、650点以上のスコアかつ十分な語彙力を習得できている。
注意事項 申込・日程変更・キャンセルは、受講開始日の10営業日前までとなります。TAC株式会社との提携コースです。本コースは、提携先の専用サイト上で学習します。
旧「TOEIC(R) L&R TEST対策750点コース FOR BIZ」(UTA03B/UTA09B)コースを受講済みの方は、内容が重複するため、受講の必要はありません。
開始日までに、提携先より受講案内と教材一式が送付されるので記載されたサイトにアクセスして受講ください。合格条件は「提携先の専用サイトですべての課題を実施すること」です。当社ウェブサイトは、コース概要参照およびアンケート提出に限りご使用いただけます。
教材送付のため、提携先に受講者の個人情報(郵便番号、住所、会社名、所属、氏名、電話番号)を提供します。なお、日本国外への教材送付は承っておりません。
本コースはTOEIC(R) Listening & Reading Test対策講座であり、本試験の受講料および受験は含まれておりません。お客様個人で別途、本試験のお申込みが必要です。
関連コース
関連コースマップ コミュニケーション-語学
関連情報 詳細なコース内容・教材構成・動作環境はこちら(提携先サイトを開きます)でご確認ください。
開催スケジュール
日程
2021/08/02   2021/08/09   2021/08/16   2021/08/23  
2021/08/30   2021/09/06   2021/09/13   2021/09/27  
2021/10/04   2021/10/11   2021/10/18   2021/10/25  
2021/11/01   2021/11/08   2021/11/15   2021/11/22  
2021/11/29   2021/12/06   2021/12/13   2021/12/20  
2021/12/27   2022/01/17   2022/01/24   2022/01/31  
2022/02/07   2022/02/14   2022/02/21   2022/02/28  
2022/03/07   2022/03/14   2022/03/28  
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • Javaプログラミング基礎 演習付(eラーニング) (UEL35B)
    Java言語の文法およびオブジェクト指向プログラミングについて学習します。今までにプログラム開発経験がなくても理解しやすいように、演習付きのコースです。
  • 【e講義動画】XML基礎 (UHD01D)
    XML(Extensible Markup Language)の概要および基本文法、利用形態、スキーマ設計の手順、デザインパターンを学習します。
  • 精神タフネス強化 (UBT32D)
    ビジネスパーソンは、常にある一定のプレッシャーの下で結果を出すことを期待されています。管理職の立場になれば更に責任が増し、上司や部下の間に立って、そこから生じるプレッシャーは増大することでしょう。このプレッシャーに屈してしまえば、本来個人が持っている実力を発揮するこ...