logo

コース概要

コース検索を実施する場合は、ブラウザの戻るボタンで戻らず、画面内の「コース検索へ」ボタンをクリックしてください。
表示されている価格は、税別価格になります。税込価格については、カート一覧画面で表示されます。

  TOGAF(R)9トレーニング・コース (UBU14R)

本コースを受けた人はこんなコースを受けています →詳しくはコチラ

学習形態 講習会(集合教育) コースコード UBU14R
レベル 応用・実践
開催言語 日本語  
受講料 330,000 円(税込)  300,000円(税別)
期間 3日
コース概要 本コースは、EAのグローバル標準のアーキテクチャ・フレームワークであるTOGAF(R)9 について学習するコースとなっております。また、研修後にはTOGAF(R)9の認定テストを受験いただけます。認証テスト合格者に対しては、The Open Group英国本部よりTOGAF 9認証書が授与されます。本コースは、3日間の講義(オンライン)の後に、認定テスト(テスト会場に集合)を0.5日受験いただきます。テストの開催日程については、関連情報を参照下さい。
到達目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。
1.エンタープライズ・アーキテクチャ(EA)の基礎を理解する
2.アーキテクチャ開発手法(ADM)を理解する
3.ADMガイドライン&テクニックを理解する
受講対象 TOGAF(R)9の認定資格の取得を目指す人
前提知識 特に必要ありません。
注意事項 本コースおよび試験の実施は、「グローバル情報社会研究所株式会社」が主催します。コース実施・運営のため、受講者の個人情報を主催元へ提供します。予めご了承ください。利用目的等については弊社の個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてをご参照ください。
研修開始前に「確認書」、「申込書」および「受講者略歴※Open groupID含む」などの提出依頼が必要になります。研修開始までに作成、送付をお願いします。
本コースの教材は、コース開催の約2週間前に自宅に送付いたします。主催元から送付先住所の回答を求められますので、必ずご回答下さい。
TOGAF(R)9の認定テストは、出題範囲が広いため受講前に学習いただく必要があります。事前学習の予定を踏まえお申込み下さい。お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の20営業日前です。Webサイトでのお申込み締切日は22営業日前です。
本コースの修了は、研修3日間のうち出席率2/3以上を満たしていることを示しています(TOGAF9認定試験は含まれません)。TOGAF 9認定試験の合否結果については、主催元より受講者へ連絡が届きます。
電子教材 当社の研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用する コース一覧 と電子教材配信サービスの 動作環境 について、事前にご確認ください。なお、ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
※新入社員研修は、紙教材コース、電子教材コース、ライブコースとでコースコードが異なりますので、お申込み頂く前に「開催スケジュール/会場」にてお申込み頂くコースのコースコードをご確認ください。
春開催スケジュール/会場
秋開催スケジュール/会場
関連コース
関連コースマップ 上流/テスト(システムエンジニア)-情報戦略立案
ITSSレベル 【コンサルタント育成】  -  メソドロジ  [4]
関連情報 試験日程・試験会場については、こちらをご参照ください。
開催スケジュール
開催地 日程 時間
東京 2021/11/17   2022/03/02   09:00 - 18:00
(注1) 開始日の1週間前までに「講習会受講票」を、郵送、FaxまたはE-mailで送付いたします。(春の新入社員研修を除く)
ご受講前に、「講習会受講票」で開始・終了時間、会場(教室番号)を必ずご確認ください。
なお、開催時間内に、1日あたり1時間程度の休憩時間があります。
リコメンド情報 このコースを受けた人はこんなコースを受けています
  • ITストラテジスト養成:経営戦略と取り組みテーマの策定 (UAU40L)
    近年、IT化に対する要求が変化し、複雑化しています。また、ビジネス戦略に直接IT技術がかかわるような状況となっています。このようなビジネス環境の中でIT技術を有効に活用するためのスキルが求められています。本コースでは、コンサルティング技術を活用して複雑化する経営課題を分析...
  • 【ライブ】デジタルビジネス時代に求められる価値創造プロセスのマネジメント (ULD52R)
    デジタルビジネスは、不確実性の高い環境であり、計画性と効率性を追求する従来の手法では、プロジェクトを推進することが困難になりつつあります。本コースでは、不確実な事業環境に対応するために必要な推進方法(価値創造プロセス)やマネジメント方法を講義と演習により学習します。...
  • 情報化投資マネジメントと投資対効果評価 (UAU39L)
    多くの経営者・管理者・システム企画担当者が頭を悩ましている「情報化投資」に関して、投資対効果を高めるためのマネジメントの仕組みとその効果的な進め方について、DXにも触れながら学習します。その中でも重要な位置を占める投資対効果評価の手順とその効果的な実施方法について、事...